ココアの一日

2006年03月21日

幼年期のトレーニングのポイント

@慣らすには社会化期がいちばん
生後3か月までは犬の社会化期。子犬が素直になんでも受け入れられるこの時期は、さまざまなことに慣らすにはいちばん適している。これからおこることを想定し、音、他人、ほかの動物、ものなどひと通りのことに慣らしておけば、将来いろいろな場面に穏やかに対応できる基礎ができ、楽しみや行動範囲も広がる。

Aハウスリードで行動管理を
家の中を走り回る子犬の行動管理するには、ハウスリードがおすすめ。室内で自由にさせているときに布製かナイロン製のかるいものをつけておき、危ないときにリードを踏んで動きを止めたり、ソファーから下したいときに誘導したりする。ただし、引っかかると危険なので、目を離すときやサークル内では必ず外そう。

B楽しいことをするときは落ち着いているとき
子犬興奮して騒いでいるときに、誘われるようにして一緒に遊んだり、食事をあたえたりすると、子犬は「かまってもらいときや、おないがすいたときは騒ごう」と覚えてしまうことがある。騒いでいるときは無視するか、ハウスリードでだまって行動を抑制。そして、遊びや食事など楽しいことは、子犬が落ち着いている状態のときに飼い主から始める。静かに寝そべっているときに、ときどき「いいこ」とほめてごほうびをあげるのも効果的。

人気blogランキングへ

ニックネーム あーちゃん at 20:03| Comment(2) | Mダックスの育て方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月20日

ダックスを迎えるまでにやっておくこと

■名前を決めておく

■必要なグッツを用意する
ハウス、サークル、トイレ、寝具などはダックスを迎えた日から必要。また、個体着はあるが、子犬はかなり”かみたがりや”。かんでもいいおもちゃを忘れずに用意してあげよう。

■犬のためのスペースをつくる
ハウス、サークル、トイレのレイアウトを考え、家族みんなが見守れる場所にスペースをつくる。犬が来たら、すぐにそこに連れて行けるようにしておこう。

■犬の入っていい場所を決める
犬が入っていい部屋、だめな部屋を決める

■部屋にあるものを片づける
犬が飲み込みそうな小さいもの、かじられては困るもの、薬品、洗剤などはすべて片づけておく。ラグやカーペットなども、破かれたり汚されては困るようなら外しておこう。

■家の中の安全対策をする
立ち入り禁止の部屋などにセーフティガードをつける、電気コードにカバーをつけるなど、家の中の安全の確保を。 

人気blogランキングへ
ニックネーム あーちゃん at 14:49| Comment(1) | Mダックスの育て方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする